株式会社ビズ・ジャパン ホームページ簡単更新
Web24は<効果的なコンテンツ制作>と<ブラウザから簡単に更新できるシステム>との両面からサポートいたします。
ya サイトマップ ya 個人情報保護方針 ya 会社概要 ya お問い合せ
active 研修ツール active マネジメントゲーム(MG) active DiSC active エゴグラム
ブルーライン
研修ツール:タイトルバナーイメージ
DiSC
人の行動を左右する「動機」と「欲求」に焦点を当て、これらの違いを
D (Dominance)
:主導傾向
i (Influence)
:感化傾向
S (Steadiness)
:安定傾向
C (Conscientiousness)
:慎重傾向
の4つの要素の強弱バランスで整理した行動心理学上の理論
(ウィリアム・ムートン・マーストン博士)
人は、無意識のうちにある特定の行動傾向を示します。
その行動を支配するのが「動機」と「欲求」で、当然個々人によって異なるものです。
DiSC(診断)により自分の行動傾向を客観的に知り、そして他者の日頃の行動や言動をDiSCに照らし合わせて、他者の行動傾向を知ることにより、より生産的なコミュニケーションや他者への動機付けが可能となります。

職場内、対顧客を含め対人関係力の向上を目的とした研修での活用が効果的です。
DiSCタイプ別行動傾向
Dの高い人
(1) 自己の価値を高く評価している
(2) 仕事中心、成果重視
(3) 単刀直入な方法で動機付けられる
(4) 利用されることを恐れる
(5) 他人の考えや感情に対してうとい
iの高い人
(1) 楽観的
(2) 社交中心
(3) 周囲からの承認で動機付けられる
(4) 周囲から拒絶されることを恐れる
(5)まとまりがない
Cの高い人
(1) 正確、緻密、質を重視する
(2) 直感的
(3) 自制心があり、
  適切な方法で動機付けられる
(4) 自分のやり方が批判されることを恐れる
(5) 自分にも人にも過度に批判的で、
  要求が強い
Sの高い人
(1) 実際的(チームプレーヤー)
(2) 具体性重視
(3) 慣例によって動機付けられる
(4) 安定を失うことを恐れる
(5) 現状を維持し、波風を立てない
※DiSCはアメリカで開発され、HRD株式会社により日本語化されると同時に普及が図られています。
HRD社のDiSCインストラクター養成講座を修了した講師が指導にあたります。
このページのトップへ up_ya