株式会社ビズ・ジャパン ホームページ簡単更新
Web24は<効果的なコンテンツ制作>と<ブラウザから簡単に更新できるシステム>との両面からサポートいたします。
ya サイトマップ ya 個人情報保護方針 ya 会社概要 ya お問い合せ
active 研修ツール active マネジメントゲーム(MG) active DiSC active エゴグラム
ブルーライン
研修ツール:タイトルバナーイメージ
エゴグラム
エゴグラム:5つの棒グラフTA(交流分析)に基づく診断ツールで、人の心(自我状態の)エネルギーの発揮状況を5つの棒グラフで表し、性格特性と行動パターンを読み取るものです。これにより、以下のことが可能となります。
  • 自分の心を5つの自我状態から観た場合、どの自我を強く発揮しているか、どの自我を発揮していないかが分かる。
  • 自分の性格特性、行動パターンを自分自身が理解すると同時に、他の人にも理解してもらうことができる。
  • 人間関係で、現在どのような交流パターンを取りやすいかが分かる。
  • 自分のエゴグラムの特徴を知ることにより、自分の性格特性、行動パターンに気付き、自分の行動パターンを変えることができる。

自己の再発見から行動変容を促す研修への活用に効果的です。
P (Parent):親 A (Adult):成人 C (Child):子ども
枠左上 枠右上 枠左上 枠右上 枠左上 枠右上 枠左上 枠右上
構造モデル 意味と解釈 構造モデル 意味と解釈
枠左下 枠右下 枠左下 枠右下 枠左下 枠右下 枠左下 枠右下
枠左上 枠右上 枠左上 枠右上 枠左上 枠右上 枠左上 枠右上
P
(CP,NP)
両親あるいは養育者のように振る舞う自我状態である。人はP状態にいると両親あるいは養育者と同じように感じ、考え、行動する。Pはさらに、父親的な役割を担う批判的な親の自我状態(Critical Parent:CP)と、母親的な役割を担う養育的な親の自我状態(Nurturing Parent:NP)に分けられている。 CP 自分の価値判断を正しいものとして譲らず、主に「〜しなければならない」、「〜すべきである」といった批判や非難を行う。目標が高く、理想を追求し、自分に厳しく、責任感が強く、リーダーシップを発揮する反面、他人に厳しく、自分の言い分を通すといった、自分の価値観を相手に押しつける面が見られる。基本的に他者否定の構えを有する。
枠左上 枠右上 枠左上 枠右上
枠左上 枠右上 枠左上 枠右上
NP 他人をいたわり、親身になって世話をするといった、親切で、寛容的な態度や行動を示す。他人の喜びを自分のことのように喜び、人の気持ちがよくわかり、共感的である。その特徴は、乳児を抱いて授乳している愛情深い母親の姿に象徴される。彼女の喜びは、温かく子ども達の発育と成長を見守ることである。基本的に他者肯定の構えを有する。
枠左下 枠右下 枠左下 枠右下 枠左下 枠右下 枠左下 枠右下
枠左上 枠右上 枠左上 枠右上
A 事実に基づき、物事を客観的かつ理論的に理解し、判断しようとする自我状態である。PやCの偏見、感情、本能に左右されずに、物事を冷静に捉えることができる。他の自我状態の調整役でもある
枠左下 枠右下 枠左下 枠右下
枠左上 枠右上 枠左上 枠右上 枠左上 枠右上 枠左上 枠右上
C
(FC,AC)
子どものように感じたり、行動したりする自我状態である。持って生まれた自然な姿である自由な子ども(Free Child:FC)と、親の影響を受けた順応した子ども(Adopted Child:AC)に分けられる。 FC 感情や欲求を自由に表現する自我状態である。親の躾を受けていない部分であり、本能的、自己中心的で、好奇心、直感、創造力と関連性がある。基本的に自己肯定の構えを有する
枠左上 枠右上 枠左上 枠右上
枠左上 枠右上 枠左上 枠右上
AC 周囲に適応していく従順な自我状態である。親の躾や教育の影響を多分に受けている。基本的に自己否定の構えを有する
枠左下 枠右下 枠左下 枠右下 枠左下 枠右下 枠左下 枠右下
※当社では、TEG(東大式エゴグラム:東京大学医学部心療内科研究)を活用しております。
このページのトップへ up_ya